【予約なし?】ケンズカフェ東京のガトーショコラをラグジュアリーカードを使って当日予約で購入する方法

Pocket

食べログの評価で3.91(2019年5月時点)もの点数を誇るガトーショコラの最高峰と言われるケンズカフェ東京を知っていますか?僕は無類のガトーショコラ好き。嫁さんにも、バレンタインのチョコどんなチョコが欲しい?と聞かれて「ガトーショコラたのむ!」と言ってた過去。

 

もちろんガトーショコラ好きな自分も「なかなか予約が取れない店」としてこのケンズカフェ東京のことは存じ上げていましたが、ラグジュアリーカードのサービスページを見るとなんとそのケンズカフェ東京さんの紹介があるじゃないですか…!!しかも当日ゲットできるって話。つまり買うっきゃないじゃないですか。

 

ってことで、今回はラグジュアリーカードを使ってケンズカフェ東京のガトーショコラをゲットできた話をレポートしていきます★

時間がない人のために結論

・数ヶ月予約待ちのケンズカフェ東京のガトーショコラがラグジュアリーカードの特典で当日ゲットすることができた

・ケンズカフェ東京のガトーショコラはむちゃくちゃうまかった★

・ラグジュアリーカードユーザーだけの特典ももらえたよ

 

 

ガトーショコラの最高峰|数ヶ月前の予約必須 ケンズカフェ東京とは

まずケンズカフェ東京を知らない人のためにケンズカフェとはの説明。オーナーである氏家健治さんは元々はイタリアンレストランのシェフ。約15年前に同じ新宿にイタリアンレストランをスタートさせます。最初はイタリアンレストランなので様々な料理を提供していたのですが、最高のガトーショコラを提供したいとガトーショコラ専門店として大きな転換をしていきました。イタリアンレストランを捨てて、ガトーショコラ専門店。結構思い切った決断ですね。

ガトーショコラは大評判、現在では数ヶ月前からの予約をしないと手に入れることができない入手困難なガトーショコラになりましたとさ。

ケンズカフェのガトーショコラは小麦粉を一切加えないグルテンフリーのガトーショコラです。全世界の外務省の方に気に入られたことから、日本でも有数の世界に発信できるギフトとして愛用され「日本ギフト大賞」「JAPAN SWEETS AWARD」などの数々の受賞歴を誇ります。

ラグジュアリーカード経由で訪問直前に予約!いざ新宿御苑前駅のケンズカフェ東京へ

さてさて、ガトーショコラを買うまでのお話、外回りの仕事で早めに仕事を終えた平日のとある日の午後。このケンズカフェ東京のガトーショコラのことを思い出して心を決めていざケンズカフェ東京の予約フォームへアクセス!

 

予約方法はラグジュアリーカードのサービスページの「ダイニング」カテゴリの中にありました。そこからケンズカフェ東京の予約フォームへアクセスします。自分の名前とメールアドレス、電話番号、受け取りたい日時を入力、そして「質問・ご要望」の箇所にラグジュアリーカード優待であることを記載します。これがないと通常の予約として受けられてしまうので記載することをお忘れなく!

 

 

地下鉄でフォームの入力が完了し新宿御苑駅に到着。丸ノ内線の赤い電車のドアをグーグルマップに従ってケンズカフェ東京のある東方面に向かって階段を上っていきました。するとそこには「ケンズカフェ東京・ガトーショコラの最高峰」との文字が掲げられたディスプレイが。「ようこそ ケンズカフェへ」と僕のことを迎えてくれるように掲げられていました。高鳴る期待。

 

 

店舗へは新宿御苑の駅から東方面へ徒歩4分ほど。途中は割と下町情緒が漂うような庶民的な街並み。「昔付き合っていた彼女がこの辺りに勤めていたなぁ…」なんて自分の昔の甘く淡い恋の思い出もポロリ。そんなことを考えながら進んでいくと花園公園の角にケンズカフェ東京の店舗がありました。

 

 

いざケンズカフェ東京店内へ!

決心を決めて店舗の中に入ってみると、中に漂う、温かく甘いチョコの香り。上品なシャンデリアの下にそれはありました。男性の店員さんに笑顔で迎えていただき、入り口の脇の部屋にずらっと並べられたガトーショコラ。ガトーショコラにはそれぞれの予約した人の名前が書いてありました。店員さんはガトーショコラのうちの一つを渡してくれました。わずか訪問の15分前に予約をしたにも関わらず、僕の分のガトーショコラにもしっかり私の名前の付箋が張られて用意してありました。

 

 

「ヲスシ様ですね、お待ちしておりました。先ほどは予約をいただきまして誠にありがとうございました。」と、ニコリと笑顔を投げてくれ、お代を払ってガトーショコラを受け取ります。店員さんから「中は半生になっていますので必ず箱を横に傾けないで
なるべく早くお召し上がりください」と説明を受けます。“半生”というなんという艶美な響き…!「大丈夫です!すぐ持ち帰ってすぐ食べます」と心の中で返事する。

 

ガトーショコラの値段は3,000円

 

ケンズカフェのガトーショコラは3,000円。ガトーショコラで3,000円と言うと少し割高のようにも感じられますが3,000円のホールケーキと考えれば大した金額の差はあまりないように思えます。さあ家に持ち帰り開封の儀。店員さんに言われたように傾けないよう細心の注意を払って家に帰りました。

 

家に到着、いざ開封!

 

玄関を開いてリビングに向かうと妻と子供達が夕食を食べていました。旦那が見慣れない袋を手に持っていると「その袋どうしたの?」と嫁が不思議に思ったのか質問してきました。「最高峰のガトーショコラを買ってきたよ」と言うと、めちゃくちゃ嬉しそうな顔を浮かべる。

子供達もママの嬉しそうな顔でなにかを察知したのか、中身もわからないままと喜びだして、喜びを体で表現して踊り狂いだしました。おまえら何がいいのかわかってないだろ(笑)一口も食べていないし。

 

 片付けが一通り終わった夕食後。いよいよガトーショコラ開封の儀。みなテーブルを囲んで正座で座ってニヤニヤ。僕が包丁でガトーショコラを切ってくるのを今か今かと待ちわびていた。

 

まな板の上にガトーショコラをのせ、真ん中から4等分に切っていく。真ん中にゆっくりと包丁を入れていくと、程よい弾力を感じながらゆっくり包丁がガトーショコラの焦げ茶色の大地に沈んでいきます。ケーキに包丁を入れるだけでこんなに緊張するのは結婚式のケーキ入刀以来。

 

 

 包丁を入れたガトーショコラの真ん中の断面を見る。断面は真ん中から真ん中の中央部分にじわっと半生のチョコレートが見えてきました。う…うつくしい…!

チョコレートとケーキの中間といった形状で夏場なんかはちゃんとした温度で管理をしないと生チョコが溶けて美味しさが半減してしまいそうです。

 

 

ちなみにケンズカフェ東京のレシピとしては原材料を見る限りチョコレート、卵、無塩バター、グラニュー糖、レシチン(大豆由来)とのこと。結構シンプルですね。

 

お皿に乗せて、フォークで一太刀。フォークのうえに切ったガトーショコラを乗せ、ゆっくりと口に入れていく。舌の上にガトーショコラが乗った瞬間に何とも言えないじわっとしたガトーショコラの生地がほどけていく感触が伝わってくる。それが口の中に広がっていくとともにガトーショコラのビターな甘みと味の奥の方からガトーショコラの旨味がゆっくりと芳醇な味わいを感じさせる。これはめちゃくちゃうまい!!

 

子供たちが部屋の奥にいったと思いきや、がさごそ何かしてるなぁと思っていたらあまりの喜びに思わずカードにこんなものを書いてきました。子供たちにもその美味しさが伝わったようだ。

 

妻の表情は…?と目を横にやると悶絶の表情。その後、今にも 涙を流しそうな笑顔でとびきり喜んでくれていました。

おまけ話

実はケンズカフェ東京に訪問した際に、店員さんからラグジュアリーカードのお客様に特別にこれを差し上げますとケンズカフェのオリジナルのアールグレイティーを二パックいただくことができました。こちらもラグジュアリーカードならではの嬉しい特典です。

 

ラグジュアリーカードの主なサービスはこれだけではなく、TOHOシネマを無料で鑑賞できたり国立美術館を鑑賞できたりと嬉しい特典満載です。それだけではなく僕の家では主にコンシェルジュデスクにいろんなチケットを買ってもらったり、旅行のプランを考えてもらったり様々な要望をとにかく丸投げしちゃっております。その辺りはこちらの記事に
紹介していますのでもしよかったら見てあげてください!

ラグジュアリーカード年会費10万円はアリ?映画やコンシェルジュを利用してみた僕なりの感想

 

今回はラグジュアリーカードでケンズカフェ東京のガトーショコラを当日予約でゲットできたというお話でした。